2010年04月10日

ええぇっ!!?ほんとにこんなので、やせるのかな?お金のかからない、いろんなダイエット法

ええぇっ!!?ほんとにこんなので、やせるのかな?お金のかからない、いろんなダイエット法

ダイエットで悩んでる人って多いよねー。なんか「はやり物」やっちゃうと、お金と労力ばっかりでなかなか成功しないよね?この世の中にある「出来るだけお金をかけず」に、でも絶対「効果の出そう」ないろんなダイエット情報発信中!!最新号を手に入れてね!


ええぇっ!!?ほんとにこんなので、やせるのかな?お金のかからない、いろんなダイエット法
posted by 知恵者 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

知るだけで楽に5割〜10割美しさがUPする14か条 ダイエット・美顔編

知るだけで楽に5割〜10割美しさがUPする14か条 ダイエット・美顔編

知るだけで差がつく。知らなければ逆効果を招くかもしれない美容の秘密。即効果があり、即実行できます。これを読んだらコスメやダイエットの情報に振り回されずにすみます!

知るだけで楽に5割〜10割美しさがUPする14か条 ダイエット・美顔編
posted by 知恵者 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

地熱発電の短所

地熱発電はメリットばかりでなく、当然に短所もあります。
そして今日のような地熱発電の低迷も想像しにくいことでしょう。
そして、地熱発電を設置する場所が火山帯地域に限定されていることです。

地熱発電の短所もメリットと同様で、色々な問題を抱えています。
それには、地熱発電の一番の短所として、開発コストが非常に高いのです。
他の国と比べても日本の地熱発電の堀削費用は群を抜いており、2倍になっています。
そして、地熱発電によるエネルギーは、低品位エネルギーであることが短所です。
そしてまた、地熱発電所の建設が、周囲の景観を損なうことも短所になります。
日本は特に火山国という性質上、地熱発電には最適の資源に恵まれています。
しかし、そのほとんどが、国立公園に近接しており、それが地熱発電開発の足止めになっています。
現在の法律では、地熱発電は公園内では開発ができないのは、非常に苦しいところです。
これは地熱発電の発電効率が悪いことを示しています。
また、地熱発電を作る際に、蒸気の成分でタービンの傷みが早いのも短所です。
そして地熱発電開発がうまくいったとしても、地盤沈下や土壌汚染の可能性も否めないので、短所を数えあげたらきりがないでしょう。
この時間としては長い場合ですと、15〜20年近くも地熱発電開始に要します。
そして最大の短所である、地熱発電のための開発に膨大な費用がかかることです。
さらに開発のために探査したとしても、地熱発電ができない場合もあります。
そして地熱調査から、地熱発電所の運転を開始するのに、長い時間がかかります。
また、地熱発電開発時のボーリング作業による騒音や振動なども周囲にかける迷惑は多大です。
ラベル:地熱発電
posted by 知恵者 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

地熱発電の仕組みは

熱エネルギーを取り出す地熱発電の仕組みは、2つあります。
現在では、日本においても18ヵ所の地熱発電所が稼働しています。
また地熱発電の発電方法の仕組みにも、蒸気で直接タービンを駆動する蒸気利用発電方式と、熱水と低沸点媒体との熱交換を利用する熱水利用発電方式があります。
そして現在では地熱発電は、アイスランドやアメリカ、メキシコ、フィリピンなどの世界各国に普及し、浸透しています。
地下にはマグマによる強大なエネルギーがあり、地熱発電はこのマグマによって得た蒸気と熱水を地上に出し、その蒸気の圧力をタービンで回して発電させる仕組みになります。
もう1つは、高温岩体に割れ目を作り水を注入して熱を抽出させ地熱発電を得る方法。
そして、蒸気や熱水が溜まる地中の部位を貯留層と地熱発電では呼び、とても重要な仕組みということになります。
そうしたことから地熱発電では、使用された蒸気や熱水を、地下に戻すようにします。

地熱発電の仕組みは、1904年にイタリアのラルデレロで生まれました。
ただこの還元する量が多かったり場所が悪いと、地熱発電に利用可能な蒸気や熱水を得られなくなる可能性があります。
地熱発電で還元する際には、適切な量と場所を吟味する必要があります。

地熱発電は発電に使用した蒸気や余った熱水をそのまま地表に放出してしまうと、地熱発電で使用された地下の蒸気や熱水が枯渇してしまう可能性があります。
この貯留層管理をすることは、地熱発電の資源を利用するめには大切な仕組みです。
地熱エネルギーは純産国、日本にとって、地熱発電利用の重要な自然の恵みになります。
1つは、地下にある熱水から天然の蒸気、熱水を取り出して地熱発電を得る方法です。
火力発電所が石炭などの燃焼熱で、蒸気を発生させるのに対し、地熱発電は地球のボイラーの役割を果たしていると言えるでしょう。
ラベル:地熱発電
posted by 知恵者 at 22:18| 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

企業が積極的に地熱発電

地熱発電の大型発電所を運営する企業は、九電と出光地熱が行っています。
各国で地熱発電は建設が進められており、多くの企業が参入しています。
地下深部の熱エネルギーを蒸気として取りだし、発電に利用するのが地熱発電です。
地熱発電は発電以外にも、暖房や冷房、温水プールや温室などにも利用されており、クリーンなエネルギーとして企業は注目しています。
経済産業省は企業に対して地熱発電開発を支援しています。

地熱発電の新たな企業として、三菱マテリアルとJパワーが事業化に乗り出しました。
地下の熱水や蒸気を利用する地熱発電の新しい企業計画もあります。
そして出光興産の子会社である出光地熱も地熱発電の新設企業として動きました。
他の企業としては、日鉄鉱業と九州電力も約200億円を投じて地熱発電所を新設。
日本は地熱資源に恵まれている環境から地熱発電参入に企業が躍起となっています。
国内の地熱開発は石油危機後、企業が積極的に地熱発電開発に取り組みました。
しかし、原子力発電の普及や化石燃料が大幅に下落したことで地熱発電開発に企業が二の足を踏んでしまい、地熱発電所の建設が上手く進みませんでした。地熱発電を行っている企業は日本では現在18ヵ所で、世界では20カ国で地熱発電が行われています。
地熱は発電時にCO2排出が極め少なく、地熱発電は原子力の半分程度の排出量です。
地熱発電の発電量は、新エネルギーの風量の2倍、そして太陽光の3倍になります。
さらに地熱発電は、石油や石炭のように枯渇の心配がないので、半永久的に利用することができ、天候や気候に左右されないという大きなメリットがあります。
ただ地熱発電開発の大きな障害として、企業が悩むのは地元住民の反対があります。
posted by 知恵者 at 21:34| 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

地熱発電のコストが

日本においては、地熱発電の開発は、温泉源の保護や景観破壊などの問題があります。
地熱発電は非常に長い探査や開発期間のため費用負担が非常に大きいです。
今後の展開として、地熱発電は石油の代わりのエネルギーとして期待されています。
経済力のある事業として地熱発電は発展していかなくてはならないでしょう。
現在では、石油価格の上昇や環境意識によって、地熱発電への関心は変化しています。

地熱発電の開発が中々日本で進行しないのは、初期投資のコストの高さにあります。
そしてまた地熱発電は、発電設備や送電設備にもコストが高くつきます。
そうした事情から一般の企業では地熱発電には手が出ない状況になっています。
何より地熱発電は、地質調査費用が莫大であることがコスト面のマイナス要因です。
その地熱発電のコストの回収には最低10年かかると言われています。
そうしたことから石油を利用した地熱発電のコストが大きく下がりました。
そして地熱発電への関心が薄れてしまってという現状があります。
他のエネルギーと地熱発電が競合するためには、コストを低減する必要があります。
さらに地熱発電の規模が小さいことも高い発電コストの要因になっているとようです。
石油の大手の出光が地熱発電について検討しているようですが、コスト面での折り合が中々つきにくく、スムーズにいかないのが現状です。
posted by 知恵者 at 22:27| 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

地熱発電に対する法整備

地熱発電について政府の対応が期待できる可能性は薄いでしょう。
まず望むのは、地熱発電所への再生可能な発電率向上を義務付け化することです。
問題となっている地熱発電における掘削などの地質調査の技術向上を求める。
こうした地熱発電の今後の取り組みが重要課題になってくるでしよう。
そして硬質の地盤環境での地熱発電と想定されています。
日本は、地熱発電に関する技術力は世界の中でもトップクラスと言われています。
これは、残部地熱資源と比較して、高温、高圧とされる地熱発電になります。
これらの取り組みや課題については、地熱発電に対していかに真面目に政府が対応するかによって決まります。
これは、高温の岩体に水を循環させて蒸気、熱水を回収する地熱発電方式です。
今後の取り組みとしては、地熱発電の新たに調査できる地域の開発も必要でしょう。
そして、他のエネルギーと比較しても、地熱発電は出力が安定しているのが利点です。
基本的には、地熱発電に対する法整備が中心になるので、国全体がやる気になれば、こうした今後の取り組みについては解決が期待されます。
また問題となっている、国立公園内における地熱発電に対する法整備も慎重な対応が急がれます。
また地熱発電は、供給の調節も可能であり今後益々普及していく可能性はあります。
そして今や日本は世界第3位の地熱発電エネルギー大国と呼ばれています。
また太陽光や風力に比較して、地熱発電は、電力供給が安定しているので世界的にも注目されている発電方法です。
そうした日本の優れた技術を結晶して、地熱発電や太陽光発電、そして風力発電とを併合してエネルギー大国になってほしいものです。
さらに、地熱発電の今後の取り組みとして、高温岩体発電の開発も望まれています。
ラベル:地熱発電
posted by 知恵者 at 12:03| 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

地熱発電のメリットとして

地熱発電のメリットと言えば、24時間安定して発電できることがあげられます。
それは、地熱発電が太陽光や風力とは違い、地球のマグマの温度を利用するからです。
地熱発電は燃料を使用しないというメリットが大きいでしょう。
地熱発電用のタービンは世界でも日本がトップシェアNO.1なのです。
さらに地熱発電のメリットとして、無限に近いエネルギー量があることです。
純国産エネルギーであるという地熱発電のメリットがありますが、これは外国の資源を頼らずに地熱発電を利用できることは、日本の安全保障に繋がるからです。
そして地熱発電のメリットとしては、クリーンエネルギーがあります。
地熱発電は、大気汚染やCO2のような地球温暖加の温床になるガスの排出量が極めて少ないことが化石燃料などと比較するとよくわかります。
そのため地熱発電ではね廃棄物の処理も必要がないというメリットがあります。
それは、地熱発電が需要に応じて安定した発電量が得られると言うことです。
なぜなら、マグマ全体の熱エネルギーを考慮すると地熱発電は無限でしょう。
地熱発電の稼働率に関しても、他のエネルギー源の発電と比較して高いです。
それは日本が地熱発電を発電できる個所が世界トップクラスであることの証明です。
太陽光線や風力発電と比較しても地熱発電は、365日、ほぼ半永久的に安定しています。
燃料費もいらず、値段も安い、そして汚染の心配もないのが、地熱発電の魅力であり、メリットと言えるでしょう。
posted by 知恵者 at 21:57| 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。